DVDの話

  • 2011/06/07(火) 14:14:53

さて、DVDの話の前に。

今回ウェアへDVDを借りに行って、駐車場へ入っていったところ
クロスする形で同じ方向へバックで出ようとしている車2台がいまして。
その近くを通る時に何となく「あぶねーなぁ」って感じがしたんですね。

んで、車を停めて降りようとしたら、遠くでクラクションの音が。
案の定、さっきの2台がぶつかってました(笑)

近くへ行くとジジィ2人が口論おっぱじめてて、見てようかと思ったんですが、
からまれると嫌なので(笑)さっさと店内へ。

5分程度で店から出てきたら、ベッコリバンバー凹んでた方のジジィが居ない。
だがしかし、警察が来た様子がどこにも無い。
店に入ってる間にどういう話になったのか知らんけど、事故証明が無けりゃ
車治すのに保険も使えねーじゃんって話。
まぁ別にどうでもいいけど。


では本題のDVDの話、先ず1本目「TSUNAMI−ツナミ−」
CMでザブングル加藤似の男が「メガツナミ!?」って言ってたやつです。

実際に津波災害が起きた以上、不謹慎かとも思ったんですが…。
それを言ってしまうと映画なんて全てがアウトになってしまうんですよね。
大小の差はあれど、現実に起きた事例に似た内容のものとか幾らでもあるし。

さて話の方ですが、ここには書きませんが、色々とおかしな部分が多いです。
実際の津波(に起因した災害)はそういう風にはならないという意味で。

そして…何と言いますか、主要女性陣の性格が悪すぎ(苦笑)
アレって、日本人男性から見るとマイナスイメージにしかならないと思う。
あそこの国の女性ってみんなあんな感じなの!?とか思ってしまう。
んで、死に際では手のひら返したように、性格良い女に大変身。うわっ超うぜぇ(笑)

そしてムカつくヤツ(男)がみごとに生き残るという。
最後に十数人助けたとか言っても、ねぇ?
んな事以前に燃料漏れタンカーの真下でタバコ吸うとか、
火力上げすぎでビックリしてライター放り投げるとか、
それが引火して大爆発&積載コンテナぶっ飛んでビル破壊とか、
そっちでの被害者の方が圧倒的に多いだろうと思うんだが。

更には救助隊のナイスガイがわが身を犠牲にして死んでしまうし。
色んな意味で「何だかなぁ」と思う映画でした。


2本目「ドクターズ・ハイ」

これ、先ずオープニングで非常に嫌な気分になります。死者を冒涜しすぎ。
それと、外国で実際にあった嫌なのを思い出した。
読むと気分悪くなる人もいると思うので、以下反転。
文章では伝わりにくいと思うけど、グロ注意。

ネット上で、ある若い女性の遺体画像が流出。
そういった事は、ままよくある話ではあるが、その内容があまりにも異常だった。
死姦し、腹を掻っ捌き、目をえぐり出し、その目を口に咥えさせ…。
これらの一連の所業を行なう画像がネット上にアップされたのである。
検死室と思われる場所で撮影したようで、更に被害女性の名前まで出ていたことから
犯人は直ぐに捕まるであろうと思われたが、結局未だ捕まっていない。

という実話。

…話を戻しましょう。内容としては、

死因不明の遺体が運ばれてきては、その死因をゲーム感覚で当てっこしてるクソ研修医達。
そこに別の病院からエリート研修医が転属されてきた。
始めからギクシャク火花バチバチだったが、飲みに行ったりしてるうちに徐々に和解。

ある日、クソ研修医のリーダーに連れられ、エリート君はボッタクリ風俗へ。
翌日、検死室へ運ばれてきたのは、その風俗を仕切ってたヤツ。
死ぬような感じじゃなかったのに何故!?と思ってたら、クソ研修医のリーダーがニヤケ面。
実はこの研修医達、自らで原因不明を装った殺人をし、死因の当てっこをしていたのである。
始めは反発してたエリート君も、メンバーのエロ女の色香にやられて殺人を手伝ってしまう。

始めはクラブへ引き込む為にエリート君に近づいたエロ女であったが…。
スマートな物腰とあふれ出す知性に逆にやられて、徐々にエリート君に惹かれていく。
リーダーの執拗な拘束に絶えられなくなったことも後押しした。

しかし、そのエロ女はリーダーの彼女的な立場でもあるので(リーダーが思ってるだけ)
嫉妬も加わり、リーダーの只でさえおかしい頭は更に拍車を掛けて狂っていく。
結果、遂には死因トリック関係無しに、女性三人を殺害してしまう。
更に嫉妬に狂ったリーダーは…。

一方その頃、エリート君はリア充でちゃんとした彼女も居るので、まともな生活に戻ろうと
死因当てクラブから抜けることを決意するのであった。

とまぁ、こんな感じで話が進行します。
主人公のエリート君の心理変化(善悪の変化)がころころ変わるところが少し残念でした。
変化に至るまでの、もう少し丁寧な描写が欲しかったところです。


3本目は「SP野望篇」

…これ、本当にSPの役割理解してんのか?って思っちゃいました(笑)
SPの行動がテレビの時より、顕著におかしくなってるじゃん。
始めの見せ場で犯人を凄ぇ追っかけ回してるけど、それSPの仕事じゃねーよ。
他のSP連中も追っかけちゃうし、その割りに全く役に立ってねーし。
大体、警邏の警察官達は一人もいねーのかよって話。

別にこんな展開持ってこなくても、V6の岡田君は演技上手いんだからさぁ。
他に幾らでも見せ場作れるでしょ。ホント脚本がダメだわ。

あと、非常に中途半端な終わり方。
続編あるの解って見てても、かなり消化不良気味な終わり方でした。


今回は3本、批判的な書き方をした部分もありますが、総評としては特別ハズレもなく
みんな楽しめました。


では今回はこの辺で。