DVDの話です

  • 2011/04/23(土) 21:33:20

先ず1本目「パラノーマルアクティビティ第2章・東京ナイト」
パラノーマルアクティビティの「日本版続編」です。
「パラノーマルアクティビティ2」と別物なのでご注意を。

率直な感想ですが、これ出来がいいです。初見だとかなり怖いと思う。

前作で悪霊に取り憑かれ失踪してた女を、アメリカ旅行中に車で撥ねてしまった姉が
日本に帰国し、実家で弟と一緒に暮らし始めるところから始まります。
姉はその女性を撥ねた事故で怪我をし両足複雑骨折、車椅子生活中。

家族構成は父・姉・弟の三人家族。
但し親父は仕事が忙しくて殆ど家に居ない。

車椅子が夜のうちに移動していたと姉から聞いた弟が、盛り塩をセッティング。
翌朝、盛り塩が見事に散乱した状態に。
姉に内緒で隠し撮りしていたビデオを弟が確認すると、勝手に散乱する様子が撮られていた。
嫌がる姉をよそに弟は興味津々といった感じで、録画継続を希望。
一悶着二悶着あったけど、結局姉のほうから録画を要請。

そんな折、弟の友人たちが家に遊びにくる。その中の女の子一人が霊感アリ。
その女の子も何かしら目に見えぬモノの存在に気付く。
例のビデオを見たあと撮影した姉の部屋を見ていると、明らかにヤバイ様子。
更に悪霊に攻撃され、耐えられず帰ってしまう。

本気でヤバイと感じた姉弟は神主を呼び、お祓いを試みるが…。

といった感じで話が進みます。
始めのうちは前作と同じ様な感じかなーとか思ってたら、後半の畳み掛けが凄いです。
前半があまりにもブラコン姉とシスコン弟の変な雰囲気なのでのほほんと見てましたが…。
あの姉ちゃん、演技マジで秀逸。

思いのほか出来がいいので調べてみたら、監督が「放送禁止」の長江さんでした。納得。


2本目「アウトレイジ」
北野武監督の893映画です。

見終わって「ああ、随分と今風な映画になっちまったなぁ」というのが第一印象。
登場人物の策略の汚さもさることながら、襲撃方法がハヤリの映画同様えげつないんです。
歯医者のシーンとか。首引き千切りとか。
なので、明らかに最近のグロ映画の影響受けてるなぁという印象を強く受けました。

そして登場する人物達がみんな最低。義理人情など影も形も無い。あれじゃただの殺戮。
確かに「全員悪人」と銘打ってるけど、悪人としての魅力が無さすぎる。

カンヌ映画祭でアウトレイジがあまり評判よくなかったのは、残虐性の話だけでなく、
その辺にどこにでもある三流映画に成り下がってしまったことも原因だと思う。

続編も製作決定してるみたいですが…。
北野映画の一ファンとして、製作者側のオナニー作品にならない事を祈る。


3本目「UMAレイクブラッド2」
UMAシリーズ(現在3作品)の2番目のやつです。

UMAと言っても、未確認どころか初っ端から巨大ワニがご登場してます。
まぁ、パッケージ自体に既にワニ出てるけど(苦笑)
んで内容ですが、典型的なダメ映画でした。
この前、メガピラニアを褒めた記事を書きましたが、あれの真逆といった感じでしょうか。


最後に「カタコンベ」
これも酷かった(苦笑)

カタコンベというのは地下墓地の事で、調べてみると世界のあちこちにあります。
ちなみに、この映画の舞台になるカタコンベはフランスのパリのもの。

内容はめんどくさいので書きませんが、主人公の女(妹)が色んな意味で酷いです。
そして姉とその仲間達が典型的なDQNです。
極め付けにラストもへっぽこです。


では、今回はこの辺で。

オートレース

  • 2011/04/16(土) 14:03:37

洒落コワまとめが更新されました。
Part260にあるMEシリーズが面白いです。
やっぱり、読んでいて情景がイメージしやすい文章は良いですね。
若干文章に解り難い部分もありましたが「借り子」という話が特にお勧め。
よくある本家分家系の話ですが、久しぶりに読み応えの有る話でした。
是非ともこのシリーズは続けて欲しいですね。

さて、今回はギャンブル関係の話を少し。

カイジの二期が始まりましたね。
やっぱり面白いです。内容解ってても次週が楽しみです。
なんか一期と少し絵柄が変わりましたよね。
妙にテカってるような感じ。派手になったような気がします。
そして美心押しが凄ぇ…エンディング丸々美心出さなくても(笑)
あと…今期の「ざわざわ」は何かちょっと違う気がする(苦笑)

さて、カイジに続き、是非ともアカギの二期を…って無理か。
原作が未だ鷲頭戦をやってるくらいなので当面無いですよね。
この前久しぶりに近代麻雀読んだら、鷲頭まで血抜きやってましたし(笑)

ところでそのアカギ、前のテレビ放送を見てて気付いた方もいるかとは思いますが、
鷲頭戦でおかしなところ(牌の間違い)がありました。2度は確実に。
このての間違いは麻雀漫画にはつきものですね(笑)
色々見えてるガラス牌だから余計間違いやすいのかも。
まぁよかったら探してみて下さい。

さてさて。
ギャンブルつながりの話をもう一つ。
オートレースの話なのですが、31期生でついに二人の女子選手が誕生しました。
そしてその内の一人、佐藤摩弥選手が川口登録だという嬉しい話をテレビで見ました。
こりゃもう応援するしかありません。

最近…と言うか相棒だった兄貴が亡くなってから、レース場へ行くのを控えてました。
二人してゲラゲラ笑いながらくだらない話して、根拠の無い大穴予想(笑)を立てるのが
うちら兄弟のデフォだったので、一人で行っても面白くないって。
兄貴が亡くなって3年、趣味の部分ももっとポジティブに行かないといけませんよね(苦笑)

そんなわけで、そろそろまた徐々に足を運ぶようにしようと思います。
久しぶりに川口オート名物(?)の「もつ串」も食いたいですし(笑)

では、今回はこの辺で。