良いお年を

  • 2010/12/29(水) 21:26:41

雑談を少しだけ。

M−1見ました。
一番面白かったのは、松ちゃんが最後に言った「スリム飯」でした(苦笑)

毎回見てて思うんですが、M−1って「漫才」と「コント」の区分けが微妙ですよね。
中には明らかに漫才じゃねーだろってのも居ましたが…。
個人的な視点から言えば、漫才として見るならナイツが一番上手かったと思う。
でも一番面白かったか?と言われれば疑問なわけでして。
だからいっそのこと、漫才という括りは無いほうが良かったのではないかと。
…あぁ、それじゃM−1じゃないですよね。お笑いNo1でO−1とか。

あと、審査員の個人的主観(笑いの好み)が入りすぎなのも問題あると思う。
特に大御所の人ら。明らかに「?」という点数が付くこともあるし。
観客1000人くらいが一番面白かったコンビを選んで投票するとか、
評価を一般人に任せるシステムの方が良い様な気がする。

…と言っても今年で終わりですが(苦笑)


次は、特番の「JIN」。
4月より続編が始まるとのことで、楽しみが一つ増えました。
映画じゃなくてテレビ放送で良かったです。
映画だとDVDが出るまで待つことになるので(苦笑)

今回の特番はダイジェスト版だったので内容はみんな知っていましたが、
改めて見てみると、やっぱり出来のいいドラマだなぁと。
演者の人たちはみんな上手いし、花魁の中谷さん良すぎ(笑)

中谷さんって言えば、前にSPECが始まる前にケイゾクの再放送をしていて
それを見ていたので劇場版(過去に見てるけど)を借りようと思ってるのですが…。
ウェアハウスへいつ行ってもレンタル中のまんまなんですよ。少なくとも1ヶ月以上。
さっさと返しに来いっての(怒)


さて、今年もあっという間に一年が過ぎようとしています。
このブログを見に来て下さっていた方々、有り難うございました。
来年もこんな調子でのんびり更新していくと思います。
時間があるときにでも見に来て頂ければと思います。

それでは、みなさん良いお年を。

DVDの話

  • 2010/12/16(木) 14:10:58

先ず1本目は…懲りずに借りた「ハロウィン2」(笑)
ロブ・ゾンビのリメイク版。

この前書いた2007年版ハロウィンの続編です。
ラストで死んだと思われていたマイケル(ブギーマン)が生きていて
ハロウィンの夜にまたも殺しまくるという完全続編。
まぁ、例によって色々ツッコミどころの多い素晴らしい出来栄えです。

ブギーマンの殺しの規準が相変らず無差別すぎて、やっぱり納得いかず。
1作目でもそうでしたが、ローリー(マイケルの妹)が他人をやたらと巻き込むので、
「一番の元凶はマイケルよりもローリーじゃねーの?」と思っていたら…。


2本目は「CASE39」。
児童保護の仕事をしているエミリーの担当案件39番。
親にオーブンで焼き殺されそうになっていた娘、リリーを保護した。
里親が見つかるまでの間、リリーをあずかり一緒に生活することになったが…。
という感じのホラー映画。

ネタバレになってしまいますが、これ悪魔憑き(悪魔そのもの?)の話です。
なので、好き嫌いがはっきり別れると思います。

展開は典型的なのですが、最後の決着が付く場面が妙にアッサリしすぎていて
へ?これで終わり??って感じでした。

ある意味、今時のホラーのパターン「悪役は何度も復活」を多く見すぎたせいで、
毒されてたかもしれません。
はなから「まだ生きてんじゃねーの?」って目線で見てしまう悪い癖が…(苦笑)


3本目は「シャーロック・ホームズ」。

ストーリーにあまり起伏がないので見てて眠くなりました(苦笑)
特別ツマラナイってわけではなかったのですが。
CMで流れていた、でっかいチェーンの巻き付け機(?)みたいなものが
ホームズとワトソンめがけて飛んでくるシーンも、そんなでもなかったし。
残念ながらもう一つな感じ。

ところで次回作はモリアーティ教授が相手のようですね。見ないけど。


最後は、フリンジ・シーズン1。とりあえず現時点では7本目まで見ました。

何か見れば見るほど、前に書いた「X−ファイルに似ている」という言葉から遠ざかる気が…。

博士が全ての事件に関係している以上、やっぱり明らかに人為的なわけでして。
と言っても、現実的では全くありませんが(笑)

今のところはまだ面白いので良いのですが、内容的にはみんな同じ感じなので
途中で飽きそうな気がします。
なので、ひと先ずシーズン1を全話見て、シーズン2を見るか見ないか決めようと思います。

何か、前に取り上げたドクターハウスと同じような感覚があるんですよね。
シーズン1見終わったところで、一気に熱が冷めるというか…。
…冷めるほど熱くなってもいないけど。



では、今回はこの辺で。

例の中継してたアレ

  • 2010/12/05(日) 12:08:51

例の自殺中継、生きていた前日の分から自殺するまで一通り見ました。
その事について。

尚、かなりキツイ言い回しをしているので、読みたい方だけ反転して下さい。
気分を害しても一切責任は負いません。


まぁ、死人に鞭打つような言い方になりますが、アレは只の馬鹿ですね。
自分のことばかり正当化して、全ての責任は他人にあるような言い分だし。
それに、ナンパサークルだのって女の話ばっかりじゃん。
大体あんな歪んだ性格じゃ、本当の意味での彼女なんて出来るわけがない。

んで、これから自殺しますって匂わせておいて、他人の人生相談に答えてたりね。
飲んだくれの愚痴と説得力のない人生相談の繰り返し。
トイレ行って戻ってきて、いよいよかと思ったらレスチェックしたり。
結局初日はそのままジ・エンドでしょ。
死ぬ気ないどころか、生きる気まんまんに見えたよ。
あれじゃ、氏ねって逆に煽るやつがでてきてもしょうがない。
ネットの世界なんてそんなもんでしょう。

赤の他人が自殺することは、個人的な主観から言えば肯定も否定もしない。
その人の人生そこへ行き着くのに、何らかの絶対的な理由が必ずあって、
当事者でも関係者でもない俺には、それを理解できるわけなど無いし。

でもね、それをネットで中継とかしてる時点で、見方は一転する。
正直、かまってちゃんにしか見えないんだよ。
「本当は死ぬ気は無かったけど、引っ込みつかなくなって首吊りました。」
って、そんな風に見えた。

あと、リアルタイムで見ていて自殺を止めようとレスしてた人達は理解できる。
ディスプレイ越しとは言え、目前で人が死のうとしていれば、止めるのが自然だから。
でも、事後にあの動画を見て「ご冥福をお祈りします」とか言ってるヤツら。
どんなに奇麗事並べても、興味本位で見たって事実は何も変わらんよ。
あの場に居たら助けられた?
それこそお笑い種だろ。部外者に何が出来るって。
善人面して自分に酔いしれるのはやめたほうがいい。




なんか最近悪い話ばかりですね。次回は明るい話を書きます(苦笑)
では今回はこの辺で。

そりゃボコられる

  • 2010/12/01(水) 21:22:25

日ごとに海老蔵事件の真相が明らかになっていくわけですが。
やっぱり思った通り、結構なコトしたみたいですね。

どんなに仲の良い人であっても、普通、頭とか触らないですよね。
ましてや髪を引っ張るとか、先ず有り得ない。

更に酒を頭からかけるとか。
どんだけ相手を侮辱してんのかね?

極め付けに灰皿にテキーラ注いで「飲め」でしょう?
どんだけ酒乱なんだって感じ。

仮に灰皿に吸殻が入ってた場合、これは立派な殺人行為でしょ。
詳しくは書かないけど、煙草の吸殻に水分を加えて抽出したものって完全なる毒だし。

いくら酒が入ってたとは言え、こんな事するとは。
常日頃からどんな人間だったか窺い知れる。
遅かれ早かれ、海老はこういう目にあってたんじゃないかと。
自業自得ですね。


以上、今回はこの辺で。